ホーム > 大腸内視鏡検査とは?

大腸内視鏡検査とは?

内視鏡検査の仕組み

大腸内視鏡検査とは、先端に高性能カメラが付いた直径1cm程度のチューブを肛門から挿入し、大腸の全体・小腸の一部を観察する検査です。
主に、以下のような症例の正確な診断が可能となっています。
大腸ポリープ
便潜血・腹痛・下痢・便秘・血便などを伴う場合があります。
炎症性腸疾患
大腸ポリープ同様に、出血や痛みの原因となります。
大腸がん
わが国で年間8万人以上が大腸癌になるといわれており、肺癌に次いで2番目に多い癌疾患です。
長さ130cm・直径1cmくらいの細長い内視鏡カメラを肛門から挿入する。 奥(口側)に向かって内視鏡を進めていく。 大腸のいちばん奥(小腸とのつなぎ目のところ)まで到達したら挿入終了。

肛門から、細い内視鏡カメラ(長さ130cm・直径1cm程度)を挿入する。

奥(口側)に向かい、内視鏡カメラを進めていく。

大腸の一番奥(小腸とのつなぎ目の部分)まで到達します。

大腸の一番奥から内視鏡を抜いていきながら、大腸を詳しく観察していきます。カメラで直接見るので、一般的なバリウム検査や便の検査よりはるかに高い精度を誇ります。
大腸ポリープが見つかったら、その場で切除して治療

大腸ポリープが見つかったら、その場で切除して治療することも可能です。
さらに、異常な箇所が認められたら、組織の一部を採取し、顕微鏡で詳しく調べます。

大腸内視鏡検査は、一般的な大腸の検査法よりはるかにメリットが多く、現時点では最善の大腸癌の予防方法としてお勧めできます。
「痛くて辛い」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、最近では痛くない「無痛大腸内視鏡検査」も登場しています。ららぽーと横浜クリニックのような専門病院であれば、以前に比べてはるかに楽な検査が受けられます。

実際の大腸の様子

S状結腸

S状結腸

横行結腸

横行結腸

盲腸

盲腸

大腸内視鏡検査のメリット
  • 大腸を肉眼で直接調べるので、精度の高い検査です。
  • 異常がある場合、組織を採取し顕微鏡で調べることで、癌などの早期発見が可能となります。
  • 大腸ポリープが見つかったら、その場で切除して治療できます。
  • 大腸の手術後などで腸が狭くなっている場合でも、内視鏡で広げながら検査します。