大腸内視鏡ブログ

2013年8月11日 日曜日

胃癌は内視鏡で予防できるか!?

結論から書きますと、ある程度は予防できます。


多くの胃のポリープは腺腫(癌へ移行するもの)ではなく、もっと良性のものです。たいていは顕微鏡的(病理学的)には、「胃底腺ポリープ」または「過形成ポリープ」です。これらは、癌になることは、ほとんどありません。つまり、胃癌は、いきなり癌として発生するものが多いのです(大腸癌との大きな違いです)。
ですので、定期的な胃カメラは「胃癌の予防」という意味よりは、「胃癌の早期発見」という意味合いが強く、早期に発見すれば、最近は多くのものが内視鏡的に切除可能です。


さて、「予防」という言葉の意味としては、①病気を未然に防ぐ②早期発見③早期治療を含むとされています。
「予防医学」では、病気を予防するだけでなく、より広い意味で疾病予防、障害予防、寿命の延長、身体的・精神的健康の増進を目的としています。つまり、病気を未然に防ぐだけではなく、病気の進展を遅らせ治療することも「予防」であるとされているのです。

ですので、そういう意味では「胃癌は内視鏡で予防できる」ということになります。
また、内視鏡検査の際にピロリ菌を含めてチェックして、除菌(菌を退治すること)することで、胃癌になる確率を低くすることができます。


投稿者 医療法人社団LYCららぽーと横浜クリニック