大腸内視鏡ブログ

2012年1月 8日 日曜日

胃腸のトリビア?

今回は少しくだけた記事です・・・
題して「胃腸のトリビア」!?

では始めましょう。


・「小腸を伸ばすと、長さは6mになる」
有名な話ですね・・・学生の頃の解剖学実習を思い出します。
ちなみに大腸を伸ばすと、長さはヒトの身長程度になります。


・「腸の中の細菌の重さを量ると、合計1kg以上になる」
細菌は腸以外の臓器にはほとんど住んでいません。
大腸には、身体に良い影響を与える“善玉菌”と、害を与える“悪玉菌”が住んでいます。
善玉菌の代表は乳酸菌で、大腸内の環境を整える役割があります。


・「腸の中の細菌を一列に並べたら10万kmになる」
10万kmとは、地球を二周り半することになります。


・「腸はヒトの免疫細胞全体の70%が集中する最大の免疫器官である」
腸の免疫機能に関しては、このブログの過去記事を参照です。


・「ウインナーとは、羊の腸。フランクフルトとは、豚の腸」

まあ、どっちがどっちでもいいのですが。
イスラム教の人々にとっては大切です・・・よね?


・「サンマには・・・胃がない」

本当?
なぜでしょう?


・「トビウオには・・・・胃が無く、腸も一直線である」
ほとんどの魚にはちゃんと胃もあり、消化管もぐにゃぐにゃで、それなりの長さがあります。
トビウオは、飛ぶためでしょうか・・・胃腸を短くすることで、体を軽くしているのでしょう?


・「せきの速度は時速160km」
せきは普通の特急よりも速いのです!
音が聞こえてから避けても無駄ですね。


・「くしゃみの速度は時速320km」

くしゃみは新幹線より速いのです!
もう、逃げられませんぞ!


・「人体の動脈、静脈をつなぎ合わせると、10万kmになる」

10万kmとは、地球を二周り半することになります。
想像を越える途方もない長さですね。
前回のテーマの「腸の広さがテニスコート大」なんて、些細なことでしたね。


・・・最後は微妙に「胃腸」から遠ざかりつつ、今回の記事は終わりです。


投稿者 医療法人社団LYCららぽーと横浜クリニック