ホーム > お腹の各症状と病気

お腹の各症状と病気

代表的な症状について

大腸の病気にはいろいろな種類があります。
固有の症状から、他の症状と組み合わさって一つの病気を想起させるものまで、実にさまざまです。また、症状の経過が急性か慢性か、一時的か断続的かで疑う病気は変わります。

「下痢」:一過性のものから大腸の重大な病気を伴うものまでさまざまです。食事の摂り方や食材によるものだとしても、安心してはなりません。
「便秘」:大腸癌に代表されるような疾患が原因であることもあり、要注意です。
「腹痛」:一時的な急性胃腸炎であれば心配ありませんが、大腸癌・大腸憩室炎・過敏性大腸症候群などの可能性があり、診断が重要です。
「血便」:痔によるものだと看過されがちですが、大腸癌をはじめ、大腸の炎症の病気によるものもあり、要精査です。
ここに挙げた症状のいずれも、大腸内視鏡検査で最終診断がつくことがほとんどです。

血便

血便があれば大腸内視鏡検査は必須 血便があれば大腸内視鏡検査は必須
痔などの肛門の病気、癌や炎症性腸疾患といった大腸の病気に血便が伴うことは、比較的知られてきたのではないでしょうか。

便全体が赤いのであれば大腸の病気が疑われ、便に付着するように鮮血がついたというのであれば肛門の病気が疑われます。しかし、実際には両者の区別は不明確です。例えば下部大腸(直腸やS状結腸)の癌やポリープで便に鮮血が付着することはよくあることです。
そこで、血便があった場合の診断には、色によって判断するのではなく、大腸内視鏡検査が必須となるのです。

大腸ポリープ・癌による血便

進行大腸癌

大腸ポリープや癌からの出血の場合、出血部位が上部になるほど腸液によって薄められるので、真っ赤な色から次第に褐色・赤黒い色を帯びていきます。
進行大腸癌→
大腸の炎症の病気でも血便になる
血便の原因には下記のようないくつかの病気があるとも考えられます。

1、急性胃腸炎
「強い腹痛と下痢があり、血便も見られた」というのであれば、急性胃腸炎の可能性を第一に考えます。これは細菌やウイルスによる一時的な炎症であり、薬の内服と絶食で治癒しますので心配はありません。しかし、そのような場合であっても中年以上の方であれば、ポリープや癌を併発しているケースもあり、これらの可能性を否定する目的で、大腸内視鏡検査を受けておいた方がよいでしょう。

2、虚血性大腸炎
これは、大腸を養っている血管の血流が低下して細胞が酸素欠乏となり、腸粘膜に炎症が起こるものです。加齢による動脈硬化が原因とされています。

3、潰瘍性大腸炎
炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎も血便を引き起こします。大腸の粘膜が何らかの免疫学的な機序で炎症を起こし、ただれを生じます。炎症は直腸から大腸全体へと広がっていきます。治癒しにくく、難病に指定されています。

4、その他の病気
抗生物質の副作用による炎症(偽膜性大腸炎)・原虫である赤痢アメーバを病原体とする大腸炎で下痢、腹痛などの赤痢症状が現れるアメーバ赤痢なども血便の原因です。 これらの炎症の病気の鑑別には、大腸内視鏡検査が必須です。
潰瘍性大腸炎
潰瘍性大腸炎
アメーバ大腸炎
アメーバ大腸炎
大腸憩室(けいしつ)からの出血

大腸憩室


また、大腸憩室も出血の原因となりえる病気です。大腸憩室は、大腸のけいれんが強く、腸壁の弱い部分が袋状に飛び出す病気で、大腸内視鏡検査で診断が可能です。この大腸憩室は普段はほとんどが無症状ですが、まれに大出血に至ります。大腸憩室からの出血は、原則として腸の安静と絶食で治ります。

便秘

便秘について
便秘とは、4~5日排便がない、腹痛や腹部膨満や残便感を伴うなど、排便が順調に行われない場合を指します。病院によっては、単に刺激性の下剤を処方されて終わりになることも多いのですが、病気が潜んでいる場合もあるため要注意です。なかでも、「便秘が急に悪化した」「数ヶ月続く便秘」は特に要注意で、大腸内視鏡で病気がないかを確認する必要があります。
重要なのは、大腸や肛門の病気を疑うこと
便の詰まりには原因があるはずです。専門的になりますが、大腸癌・大腸ポリープ・クローン病・直腸瘤・直腸脱・裂肛・極端に複雑な痔瘻などがないか、専門家を受診することが必要です。

30歳未満の便秘であれば、若年性大腸癌の場合を除き、大腸の検査は必要ではありません。40歳以上の方が便秘を訴える場合には、専門病院で大腸内視鏡検査を受け、最終的な「便秘の診断」がつきます。このとき、大腸や肛門の病気が原因でなければひと安心です。

便秘の種類

便秘の原因は、習慣的なもの・精神的なもの・他の病気が関係するもの、の3つに大別されます。
1.習慣的な便秘
きちんとした食生活を きちんとした食生活
普段、大腸は収縮活動(ぜんどう運動)をすることで、便を送り出しています。このぜんどう運動は1日中同じようにあるわけではなく、朝食を摂ると眠っていた胃と腸が目を覚ましてぜんどう運動が起きることが分かっています。この胃結腸反射がスムーズにおこれば排便が促されますので、便秘が解消します。
適度な運動も大切
運動不足の方は、大腸のぜんどう運動が低下し胃結腸反射が弱まり便秘となります。便秘のタイプとしては最も多いといえるでしょう。典型的なのは病院に入院中の患者さんです。1日中ベッドで安静にしていると、ほとんどの方が便秘傾向になります。
水分と繊維質の摂取が決め手 水分の摂取
野菜・穀物・豆類・海藻類には食物繊維が含まれています。食物繊維は大腸粘膜に刺激を与え、排便を促します。
現代の日本人は食物繊維の摂取量が非常に少なくなっており、便秘の原因となっています。サプリメントや寒天でもよいので、十分に摂取するよう心掛けましょう。特に野菜は大腸癌を予防する食物でもあるため、料理などへ積極的に取り入れてみましょう。

また、食物繊維を腸の中で膨張させて便の量を増やすために、水分を取ることも大切です。
トイレを我慢しない
忙しさに紛れてトイレを我慢すると、便意が一時的に消失することがわかっています。便意を抑えることが習慣になって便秘になることがあります。
2.精神的な便秘
うつ病の方は便秘になることがあります。最近疲れやすい、何事に対しても意欲がわかない、夜眠れないなどの症状があれば「うつ病」 の可能性がありますので、心療内科や精神科を受診しましょう。

また、そこまででないにしても、最近では過敏性大腸症候群が多くなっています。日常生活のいろいろな精神的ストレスが腸に影響を及ぼし、腸が過敏状態になり、けいれんして便がスムーズに出なくなる状態です。
若い女性に多く、日頃からストレスを軽減して精神の安定を図ることが重要です。
3.他の病気が関係する便秘
重症の糖尿病では、「神経が鈍くなってくる症状」が出てきます。このように、大腸のぜんどう運動を起こす神経が鈍くなると、便秘になります。また甲状腺の病気によって甲状腺機能が低下すると便秘傾向になります。いずれも薬の内服やインスリンや甲状腺ホルモン補充などの適切な治療で改善します。

他の病気に対して服用している薬の副作用で便秘になることもあります。たとえば、高血圧の薬「カルシウム拮抗剤」や胃潰瘍の薬「スクラルファート」、精神科で使われる抗精神薬のほとんどがしばしば便秘をおこします。しかし、これらの薬を服用しているからといって、必ずしも便秘の原因が薬であるとはかぎりません。本人は薬が原因で便秘になっていると思いこんでしまい、病気の発見に遅れが生じることもあります。
「大腸洗浄」は便秘に効果があるのか
女性週刊誌などで時々宣伝されている浣腸治療「大腸洗浄」は、症状が重い便秘に対して行われています。確かに、大腸を洗浄することによってお腹がすっきりし、一時的には気分爽快になる効果はあります。しかし、便秘の体質が改善するわけではありませんし、美容によいとか大腸癌の予防になるとは考えられません。また、当然ですが、食事をしたらまた大腸の中は便でいっぱいになります。

つまり、「大腸洗浄が便秘に効果があるのか」は、例えるなら「垢すりが皮膚をキレイにするか」と似ていて、一時的に気分が良くなるという効果があるだけなのです。
遺伝病の便秘もある
幼少時からの高度の便秘だった場合は、「ヒルシュスプリング病」という腸を動かす神経が部分的になくなっている遺伝病の可能性があります。重症の場合は幼少時に診断されて手術を受けることになりますが、「軽症タイプ」はしばしば見過ごされ、「普通の便秘症」として扱われ、そのまま成人になっていることもあります。
最後の治療法「腸切除手術」は一般的でない
S状結腸が長すぎて便秘になることがあります。米国ではS状結腸を切除することで便秘を治療する場合もありますが、日本では一般的ではありません。手術した場合に、術後腸閉塞・吻合部の縫合不全などの合併症を伴う可能性があるからです。ごくまれながら、高度の便秘のため腸閉塞を起こし入院を繰り返す重症の方に限定して、腸切除手術が行われることがあります。

下痢

慢性的な下痢なら要注意
数日間だけの一時的な下痢であれば、あまり心配ありません。一時的な下痢のほとんどは、口から入った細菌やウイルスによるものです。その場合、腸の安静や絶食、整腸剤や下痢止めの内服で症状が軽快します。ところが、何ヶ月も頻繁に続く「慢性的な下痢」であれば要注意です。特に、下痢に混じるように出血または粘液が出る場合は、大腸内視鏡検査で病気がないかを確認する必要があります。
大腸の病気・炎症を疑うことが重要
具体的には、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患・大腸癌・大腸ポリープ・腸結核・吸収不良症候群・過敏性大腸症候群などです。診断には専門家を受診することが必要です。慢性的な下痢に対しては、通常は大腸内視鏡検査が行われ、はっきりした診断がつきます。
炎症性腸疾患か過敏性大腸症候群か
神経的な下痢症
数ヶ月続く下痢があり、発熱・体重減少・血便・粘液便・膿のような便などがあれば、潰瘍性大腸炎やクローン病などの「炎症性腸疾患」の可能性があります。これは、分かりやすく表現すると「腸のアトピー」といえる、大腸に慢性的な炎症が起こる病気です。

それほど症状が強くなく、「1日に何度も排便がある」「軟便傾向が続く」「緊張するとトイレに行きたくなる」といった症状のみであれば過敏性大腸症候群の可能性が大きいです。この過敏性大腸症候群とは、「内臓の神経が感覚・反射とも過敏になっている」状態で、神経質な方に多いとされています。精神的ストレスが原因で大腸のぜんどう運動に異常が出る、いわば「神経的な下痢症」です。

実際には、炎症性腸疾患と過敏性大腸症候群は症状が似ている部分が多く、症状だけでは鑑別が難しい場合があります。両者の治療は全く異なりますので、専門家の受診と大腸内視鏡による精査が必要となります。
慢性的な感染性腸炎もある
普通の細菌・ウイルスによる急性腸炎であれば、投薬により早期に治癒するものですが、腸結核、アメーバ赤痢、寄生虫、クラミジアによるものであれば、症状が慢性化することになります。
これらの場合、症状が下痢や血便などが中心であり、問診だけでは炎症性腸疾患と区別できないのが普通です。大腸内視鏡を行ったとしても、専門家以外の医師には診断の難しい病気と言えます。
大腸癌で下痢になる
大腸癌によって大腸の一部分が狭くなると、そこを通過した便のみが排泄されることになりますので、便が細くなったり、下痢になったりすることもあります。
消化不良による下痢
胃切除後など、大腸以外の消化器系の臓器の異常で消化不良がある場合には下痢となります。他には、肝臓病・胆道の病気、膵臓の病気などが挙げられます。
消化器以外が原因となることも
消化器の病気以外では、甲状腺の病気、腎臓の病気、糖尿病、アレルギー疾患、中枢神経の病気、泌尿器系の炎症の病気なども下痢の原因になります。
ご自身の慢性的な下痢がいずれかのケースに相当するのかを判断するには、専門家の受診と大腸内視鏡による精査が必要となります。

腹痛

頻度が高いのは急性胃腸炎
最も頻度が高いのは、細菌やウイルスが原因の一時的な急性胃腸炎によるものです。胃腸炎の場合、薬の内服と腸の安静と絶食によって速やかに改善しますので、問題ありません。以降は腹痛を起こす大腸の病気のうち、胃腸炎以外のものに絞って話を進めます。

腹痛で問題となるのは、腹痛・腹部不快感・腹部違和感が続いている場合です。「下痢」「便秘」「血便」なども伴う場合は専門家の受診と診断が必要です。
「時々お腹が張る」「腸がグルグル動く音が聞こえる」「内臓が締め付けられる感じがする」。これらは「大腸」に由来する腹痛の特徴です。
若い方なら過敏性大腸症候群かも
若い方なら過敏性大腸症候群かも
若い方で腹痛や便通異常を繰り返す場合には、過敏性大腸症候群が疑われます。

ただし、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患であっても同様の症状になることも多いため、診断には大腸内視鏡検査が必要です。原因不明の腹痛が長い間続き、大腸内視鏡検査によって大腸ポリープ・癌・大腸憩室・クローン病などがいずれも当てはまらないと診断された場合、過敏性大腸症候群の可能性が大きいといえるでしょう。
大腸ポリープ・癌は進行してから痛み始める
大腸ポリープ・がんは進行してから痛み始める
通常は大腸ポリープ・癌が原因で腹痛をきたすことはまれです。大腸ポリープ・癌は大腸粘膜から発生するのですが、その大腸粘膜には痛覚がないことが理由です。進行度の高い癌が外膜まで到達した場合に、初めて痛みが発生することがあります。また、重度の大腸癌が便の流れをせき止めるほどになってしまった場合も、腹痛を生じます。
「自分は便通が毎日あって、腹痛は全くないから大丈夫」と、決して安心はしないでください。
大腸憩室炎による痛み
大腸憩室炎による痛み
大腸憩室(けいしつ)とは、大腸のけいれんが強く、腸壁の弱い部分が袋状に飛び出す病気で、大腸内視鏡で診断が可能です。この大腸憩室は、非常に多くの憩室があるまれなケースを除いては、普段はほとんどが無症状ですが、憩室内に便が詰まることによって炎症を生じた時に腹痛が起きます。

大腸憩室炎のほとんどは抗生物質の投与で治癒しますが、重症の場合には手術が行われることもあります。
中年以上の「腹痛+下血」は、虚血性大腸炎の疑いも
中年以上の「腹痛+下血」は、虚血性大腸炎の疑いも
虚血性大腸炎とは、大腸に向かう血液の流れがうまくいかずに、大腸粘膜に炎症が起こることです。 急激な左下腹部痛と下血をきたし、治療には入院、絶食、点滴が必要です。
若くても下痢・下血があれば要注意
クローン病は小腸や大腸に潰瘍ができる
炎症性腸疾患のうち、クローン病は小腸や大腸に潰瘍ができ、下痢・出血・発熱・食欲不振・体重減少などが見られる病気で、大腸内視鏡で診断ができます。ところが、クローン病であっても病変が小腸のみにある場合は「原因不明の腹痛」として放置されることがあります。

一般の病院で診断がつかない腹痛があれば、専門家の診察を受けるのが良いでしょう。