大腸内視鏡ブログ

2013年7月16日 火曜日

大腸癌は予防可能か!?

当院では、無痛の大腸内視鏡検査を行っており、大腸癌を心配して、便潜血反応や大腸内視鏡検査を受けられる人が多く来院されます。そこで、大腸癌の発生について、少しだけ説明させていただきます。

大腸癌のほとんどは、大腸ポリープからできます。大腸ポリープの中でも、顕微鏡で見たときに、「腺腫(adenoma)」という種類のものが最も頻度が高いのですが、この大腸の腺腫は、大きくなると、大腸癌になる頻度が高いのです。だいたいの数値で言うと、2cmを超える腺腫の約35%に癌細胞が含まれます。そして3cmを超える程にもなると、約50%が既に癌化しています。

まだポリープの段階では大腸内視鏡で切除可能なものも多くありますので、いわゆる開腹手術や腹腔鏡手術になるとは限りません。というのは、ポリープの段階では、癌といってもほとんどが「粘膜内癌」という非常に早期の癌です。 昔のアメリカンファミリーなどのがん保険では、癌として認められていなかったくらい早期の早期であり、寿命を左右することはないので、ご安心下さい(100%治ります!)。

ただし、内視鏡で切除した標本(ポリープ)を調べて、粘膜内癌でなかった場合は、手術的な方法を考えないといけなくなります。
(参照)内視鏡でここまで治療できる
 



投稿者 医療法人社団LYCららぽーと横浜クリニック