大腸内視鏡ブログ

2012年7月25日 水曜日

新名医の最新医療2012 「無痛の大腸内視鏡検査」

先日、「新名医の最新医療2012」の取材で「痛みの少ない大腸内視鏡検査と日帰りできる痔の手術」についてインタビューを受けました。
そこで取材記者に聞かれたことのうち最大のポイントは、なぜ他院の大腸内視鏡検査は痛みがあるのに、ららぽーと横浜クリニックの大腸内視鏡検査は無痛なのか?というものでした。

これに手短に答えるとしたら、
「大腸を伸展させずに、ヒトの大腸の解剖学的位置をトレースして挿入していくから」ということになります。
(参照)無痛の大腸内視鏡検査


実はこの「大腸を伸展させずに・・・」は、テクニカルには、かなり難しいことなんです。そもそも、大腸内視鏡は肛門から挿入していくものですから、「押す&引きもどす操作」「ひねる操作」の2種類の操作しかありません。大腸はフニャフニャして柔らかい臓器ですから、普通に押す操作を行うとおなかの中で大腸が伸展されるに決まっています(そして痛みが生じるのです)。
それを様々なテクニック(無送気・jiggling・pull shrinking)を用いて大腸を蛇腹状に折りたたむようにしてファイバーを進めていくのです。この当院独自のの挿入法は、業界内では「桃源郷のような」挿入法だと言われることがあります。つまり、理想ではあるが本当は実在しないとさえ言われているほど理想的な究極の挿入法なのです。


さて、今年も納涼会の季節がやってきました。当院の一年間の実績集を編纂する時期です。
今年は大腸内視鏡検査を年間5500件も行ったことになります。独自の大腸内視鏡挿入法でもって、多くの患者様に喜んでいただいたことが、私とスタッフたちにとって最大の喜びです。
今後もよろしくお願いいたします。   ららぽーと横浜クリニック院長  大西達也


投稿者 医療法人社団LYCららぽーと横浜クリニック